ピマ人が結構本気で書くブログ

誰に見せるつもりもないけど、誰かに見られたいという矛盾したブログ。ほぼ日更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/9-52378230
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ニュース性

報道関連のバイトをやっている。

今日も取材があった。そういうとき、記者さんは「ニュース性」という言葉をよく口にする。ニュース性とは、そのまま、ニュースになりうるか否か、ってことだ。

何がニュースになりうるか?よく言われるのは、大衆が興味があること。
確かに、ってかんじだ。

でも本当にそれだけだろうか。

アナウンサーになりたい人はよく、「何かを伝えたくてアナウンサーを目指しています」と言うようだ。それをきいて私は意味が分からない、と思う。何を伝えたいんだ?おまえ意味分かってしゃべってんのか?ってね。

アナウンサー、またはニュースキャスターはテレビ局の駒にすぎない。最近はタレントとしての要素も強まってきてはいるが、ニュースにおけるアナウンサーはやはり駒だ。局が大衆に伝えたい事を伝えるための駒だ。もちろんロボットでいいとは言わない。大衆に伝えるためにはやはり共感を得れるように、アナウンサーには技術、容姿、キャラクターなんかが要求されるんだろう。局が伝えたいことにモチベーションを持てるっていうのが意味が分かんない。自分の気持ちや考えを伝えることにモチベーションを持つなら分かるけど、局の言いたいことを伝えることにモチベーションを持つことには全く共感できない。

ではテレビ局が伝えたいこととは何か?どんな仕組みになっているのか分からないが、おそらくスポンサーの素晴らしさや、局の良いイメージだろう。しかしそれは、現代日本においての話だと思う。

戦時中の不安定な状況の続く国々ではテレビ局は自分たちの主張をつたえているはずだ。軍が絡んだ報道局は軍が勝ったニュースばかり報道するだろう。
事実を選びながら。そう、事実を選びながら。報道局は自分たちの主張に都合の良い事実を選ぶのが基本だと思うのだ。それは一つのドキュメンタリー映画のように、事実をつなぎ合わせて、自分たちの主張をいうはずなんだ。時にはウソも織り交ぜながら。

私たちの生きている現代日本でも少しだけどこの要素はあると思う。ニュース性、それは大衆が知りたいと思っていることプラス、局の主張と絡んでいるものに生まれるものだと思う。
スポンサーサイト
2005.09.03[Sat] Post 12:15  CO:0  TB:0  思い  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

ニュース性 のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/9-52378230
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。