ピマ人が結構本気で書くブログ

誰に見せるつもりもないけど、誰かに見られたいという矛盾したブログ。ほぼ日更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

まぁ、見た直後なんか腹たったから、結構一方的には否定雰囲気だったよね。

要所要所とればいいとこあるとは思うけど、「ダフトパンクだから」っていう感想は持ちたくないんだよね、自分的に。
でも結構ミクシー見てみたけど評価高いよ。

たぶん普段やつらはあんまり映画とか見ないのかもね。だから「普通ここ切るだろー」とか「普通こうやってつなぐっしょ」みたいなのがないんだろうな、先入観がないというか。だからあんな感じになったんではないかと。

そういう意味でアーティストを貫いていた感じは、今思えばいいのかも。

でもやっぱ映画として好きか嫌いかと言ったら、嫌いかなー。

実はおれ2001年宇宙の旅ちゃんと見たことなんだよね。今度ちゃんと見てみよ。

2007.05.14[Mon]  投稿者:nabe  編集  Top▲

No Subject

まぁ、ホントそうだね
賛否両論、どちらの意見も正しいよね
確かにアートとしてはアリだけど、映画としては無しかもしんない

2001年は見た方がいいよ~~
衝撃的でっす

ゴトゥ氏、ムッシュ氏、佐草氏あたりの意見が聞きたいところです
個人的には
2007.05.14[Mon]  投稿者:fuji-  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/411-f71856e6
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Daftpunk エレクトロマ

http://www.daftpunkelectroma.jp/*
大勢で見に行きましたよ

でさ、ここに書くのは見た直後の感想だよ

だから、みんなに言ったオレの意見とはだいぶ違うかもしれない
そりゃさ、みんなも不満に思ってて、なんかオレも納得いかなくて流されちゃたけど


オレは、正直この作品好きだ
誰が何と言おうと、好きか嫌いかで言えば好きだ

今になって、何でこんだけ挙げれなかったかなぁ、って後悔してる
好きだったとこを挙げよう
●メットの隙のない光沢
●黒い車の張りつめたフォルム
●あっけらかんとした荒野
●2001年なところ(今見てもはっとするデザインの2001年は、やはりとてつもない先見性を持った傑作だったのだと思う)
●片割れが爆発するときの飾り気なの無い低い音
●左右対称なカット
●白トビした人間が実写なのかを疑わせるものとして画面の構成に機能しているところ
●メットを取ったロボットのヘンリームーアの彫刻の様な平面的な顔
●最後の燃えているところ。あの燃えているロボットの、オレは一体何者なんだという(ものに近いもの)燃える様な苦悩を表現していたんだと思う。そのシーンは極めて映画的なものとして、ボクは受け取った


逆にだめだったところも挙げておきたい。
●あれだけ立派な設備を持ってしてもトイザラスで売っている様なお面しか作れなかった工場。あの工場で作るのなら、もっと別のアイデアがあったのではないか
●このテーマを伝えるのに、このプロットが果たしてベストだったのかと言う点。省けたり、足せたりできたのではないかと思う。要素が少なすぎて緩慢としすぎていた。ミニマルミュージックならぬミニマルムービーを目指すのならば、例えば繰り返しを使ったりして、質の高いものにできたはずだ。
●映画と言うメディアを知らなすぎる点。表現したいものは分かるのだが、こういう風に撮るとこういう風に映るという事を知らなすぎる。(要は表現力に欠ける)

さらに自分の中で微妙なラインにあるものも挙げておきたい
●長回し
●ジャンパーのロゴ
長回しをするには勇気がいる
それは、作り手の快感であり、見る側の苦痛だから。
ジャンパーのロゴは微笑ましくもあり、ウザくもある
ボクが映画を作っていた時に、あー、これはやりたいけど、ウケが悪いから辞めとこう、って思ったところを全部突っ張ってやっちゃった感じ


全体的に話し合いが足りない感じが非常にする。それは彼らがコミニュケーションの手段として、言語を用いない、非言語的な人間であるからだろう。だから、言語を重視するボクらには、受け入れがたいものがあるに違いない。見る側を考慮しない姿勢には、ボクは好印象を覚えた
今になって思う事がある
あまりに違う文化圏の作品を見た時、猛烈に怒るか、感動するか、という事だ

それと同時に、自分は他人の意見に左右されていないつもりで、相当左右されていたと言う事実に気付かされた映画だった
オレは本質的にこの映画は好きなんだなぁ、と見た直後を振り返って思う。それは「夢に出てきそうな映画はいい映画」と言うボクの考えから言える事だ。夢にでてきそうな映画ってのは、やっぱどこかがとんがっているんだと思う。
まぁ、夢との間で見るのが心地いい映画だった、とも言える
スポンサーサイト
2007.05.14[Mon] Post 03:01  CO:2  TB:0  劇場映画  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

No Subject

まぁ、見た直後なんか腹たったから、結構一方的には否定雰囲気だったよね。

要所要所とればいいとこあるとは思うけど、「ダフトパンクだから」っていう感想は持ちたくないんだよね、自分的に。
でも結構ミクシー見てみたけど評価高いよ。

たぶん普段やつらはあんまり映画とか見ないのかもね。だから「普通ここ切るだろー」とか「普通こうやってつなぐっしょ」みたいなのがないんだろうな、先入観がないというか。だからあんな感じになったんではないかと。

そういう意味でアーティストを貫いていた感じは、今思えばいいのかも。

でもやっぱ映画として好きか嫌いかと言ったら、嫌いかなー。

実はおれ2001年宇宙の旅ちゃんと見たことなんだよね。今度ちゃんと見てみよ。

2007.05.14[Mon]  投稿者:nabe  編集  Top▲

No Subject

まぁ、ホントそうだね
賛否両論、どちらの意見も正しいよね
確かにアートとしてはアリだけど、映画としては無しかもしんない

2001年は見た方がいいよ~~
衝撃的でっす

ゴトゥ氏、ムッシュ氏、佐草氏あたりの意見が聞きたいところです
個人的には
2007.05.14[Mon]  投稿者:fuji-  編集  Top▲

TRACKBACK

Daftpunk エレクトロマ のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/411-f71856e6
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。