ピマ人が結構本気で書くブログ

誰に見せるつもりもないけど、誰かに見られたいという矛盾したブログ。ほぼ日更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/387-addf66b5
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

デジャブ

http://www.movies.co.jp/dejavu/*
タイムマシーン的な話。あまり「デジャブ」ではない

良く構成されていると思った。

ボクの「アンチユーグリッドワールド」は、これと似た様な世界を描いているけれど、「悪」VS「正義」って構図がないから、あまり面白くならないんだろうな、って思った

悪とか、正義とかって割り切ると、作品は面白くなりやすいとは思う
だけどボクはそれが苦手なんだよな

この前編集者に「君の漫画は世界観で見せるタイプだね」と言われた。そう、まさにその通り、って感じだった。キャラを完成させろとか、主人公が目的を持ってなきゃ駄目、なんてみんな寄ってたかって言うのだけれど、そういうの苦手なんだよなぁ

最近良く思うのは、「面白さ」には法則がある、と言う事だ
デジャブも、脚本家がナイスで「面白さ」のさじ加減を知り尽くしている感じだ
だけど自分は大いにひねくれているので、法則に従う事が大嫌い
漫画家になるには、大人にならなければならないということか、、

しかし、ボクの大好きな村上春樹大先生は、多分そういうの無視してる
もう、無我で自分の書きたいもの(と言えば語弊があるが)を書いている感じ
多分、もっとキャラを作れとか言うと、彼の小説は陳腐なものになっちゃうんだと思うんだな

ボクハ商業性と作家性の間で揺れる漫画家志望フリーター(ナルシスト)

うみゅみゅ
スポンサーサイト
2007.04.01[Sun] Post 23:17  CO:0  TB:0  劇場映画  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

デジャブ のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/387-addf66b5
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。