ピマ人が結構本気で書くブログ

誰に見せるつもりもないけど、誰かに見られたいという矛盾したブログ。ほぼ日更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/326-39e5867a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

最近演出の事を考えなきゃいけない事が多い
昔は演出なんて意識したことなかった
映画を作る行程において、無意識に行われている行為だった
しかし、映画監督の仕事といえば、一般的に演出な訳で、そう言われればそうだよなぁ、何て思う

演出には自分の中で2パターンあるとずっと思っていた

一つは、表面を演出する事。つまり笑って、とか、苦しんで、とか、もうちょっと速く動いてとか。自分が実際に演じて、それを真似てもらうのもこっちにあたる
二つ目は、内面から演出する事。このときどういう気持ちだから、と伝える事。

しかし、結局は両方同じ事だなぁ、と思った
演技なんて、結局演技で、一つ目の方法しかあり得ないのだ
どれだけ内面から演技したって結局はまぁ、それは嘘なわけで

現実世界もどこまで演技でどこまで本気か分からないけれど

演技臭い演技とか、面白い言葉だと思う



あと、これは結構前から思ってたんだけど、最近自分がもうちょっと年を取ったときをイメージできる気がする
小さい頃、23の自分なんて、絶対意識できなかった
23歳といえば、川の向こう岸にいる遠くの知らない人たちだった
しかし、今川を渡って10歳くらいの少年少女を見ると、遠くには見えるが知らない人たちではない。君たちもすぐこうなるのだよ。この川は意外と細いのだから、と思ってしまう

同時にもう一本川の先に、30、40、50の人たちがいる
多分こちらから見ると川は太いが、向こうから見ると非常に細い川だ
スポンサーサイト
2006.12.27[Wed] Post 09:42  CO:0  TB:0  日記  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

 のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/326-39e5867a
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。