ピマ人が結構本気で書くブログ

誰に見せるつもりもないけど、誰かに見られたいという矛盾したブログ。ほぼ日更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

リンクあんがとさん!
僕チンも張っとくネ!

黒沢映画観たいずぇ。
2005.10.05[Wed]  投稿者:zacky  編集  Top▲

なんか、いろんな雑誌で、最近の若手映画製作者は古典映画見てないって怒られてたから、見てもいいかもーー
2005.10.05[Wed]  投稿者:fuji-  編集  Top▲

ナナ侍

へえ。見たんだ7人の侍。
俺は結構好きだったよ。
なんだろ、起承転結がはっきりしてるというか
わかりやすいよね。表現は。
カメラ割りとかはやっぱ古いけど。
エンターテイメントとしては成り立ってる気がした。
中村玉緒の旦那は勝新太郎じゃない?

海外で日本のDVDこれしかなくて
300円だったから買ってしまった。
2005.10.06[Thu]  投稿者:青学のらすとさむらい  編集  Top▲

コメントさんきゅ

確かに起承転結がはっきりしててエンターテイメントとしてなりたっているよね~
だけど、それだけに、紋切り型すぎるのがきになったわけですよ、、てか、当時としては新しいんだろうね、、

そうみたいやね、中村玉緒の亭主は勝新太郎やね、失敬!
2005.10.06[Thu]  投稿者:fuji-  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/22-3d27c78f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

七人の侍

初めて見ました黒沢映画。

どうなんでしょう?ってね

うーん、白黒、、。けっこう面白いね。白黒だけど全然見れるね。

でもなんだろ、演技がなんだかおかしい。演技臭いと言うかなんというか。冒頭の百姓の怖がりっぷりとか演技臭い意外の何者でもないよう、、中村珠緒の噂のダメ亭主、三船敏郎はすげぇ豪放な演技。演技臭いんだけど、それがいい、っていうか、むしろ演技臭くして味をだしているというか、、

それにしても、こう面白いのは、どうすれば話が面白くなるかを知り尽くしている監督がいるからであろう。私が思うにこの話を面白くしているのは、以下のような要素である。
1、勧善懲悪
2、弱者が強者に立ち向かう。
3、心強い仲間が集まってくる。
4、ラブロマンスがある。

何だかドラゴンボール的な展開なんだよねぇ、、もしかしたら、これがこういう展開の切り口になった作品なのかもねぇぇ。

いろいろ考えさせられる事もあります。男と女、武士と農民、盗賊の生活、強さとは、、みたいな。
でもまあ、現代映画と比べるとどうだろう、やっぱ古く見えちゃう、、ステレオタイプっていうか、って当たり前か、、当時としては最先端だったんだろうな。むしろ、ステレオタイプを作った映画なんだな

まあ、みなさん、一回は見ていいんじゃないでしょうか?
☆★☆
スポンサーサイト
2005.10.04[Tue] Post 01:58  CO:4  TB:0  映像  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

リンクあんがとさん!
僕チンも張っとくネ!

黒沢映画観たいずぇ。
2005.10.05[Wed]  投稿者:zacky  編集  Top▲

なんか、いろんな雑誌で、最近の若手映画製作者は古典映画見てないって怒られてたから、見てもいいかもーー
2005.10.05[Wed]  投稿者:fuji-  編集  Top▲

ナナ侍

へえ。見たんだ7人の侍。
俺は結構好きだったよ。
なんだろ、起承転結がはっきりしてるというか
わかりやすいよね。表現は。
カメラ割りとかはやっぱ古いけど。
エンターテイメントとしては成り立ってる気がした。
中村玉緒の旦那は勝新太郎じゃない?

海外で日本のDVDこれしかなくて
300円だったから買ってしまった。
2005.10.06[Thu]  投稿者:青学のらすとさむらい  編集  Top▲

コメントさんきゅ

確かに起承転結がはっきりしててエンターテイメントとしてなりたっているよね~
だけど、それだけに、紋切り型すぎるのがきになったわけですよ、、てか、当時としては新しいんだろうね、、

そうみたいやね、中村玉緒の亭主は勝新太郎やね、失敬!
2005.10.06[Thu]  投稿者:fuji-  編集  Top▲

TRACKBACK

七人の侍 のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/22-3d27c78f
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。