ピマ人が結構本気で書くブログ

誰に見せるつもりもないけど、誰かに見られたいという矛盾したブログ。ほぼ日更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

別にこの映画の俳優の演技をわざとらしいとは思わないけど?
ちゃんと関西人や朝鮮人に見えてたたし、とにかくみんな生き生きとして
輝いてた。井筒は役者を育てる才能には長けてると思う。(言動はアレだけど)
2006.05.16[Tue]  投稿者:ROU  編集  Top▲

演技臭いって言うと、確かに語弊があるかもしれません、、
まぁ、なんていうか、私の場合、単に井筒テイストが好きになれないだけだと思います、、
何て言うか、ドラマっぽい演技が好きにはなれないと思うんですよね、、
2006.05.16[Tue]  投稿者:fuji-  編集  Top▲

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/147-fb46a904
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

パッチギ




監督・脚本:井筒和幸
原案:松山猛
脚本:羽原大介
音楽:加藤和彦
出演:塩谷瞬、沢尻エリカ、高岡蒼佑、オダギリジョー*
在日朝鮮人と日本人の葛藤を描いた映画。
主人公は日本人の高校生で、朝鮮学校の女の子を好きになってしまう。その兄が朝鮮学校の中でも筋入りのワルで、日本人学校と抗争中。その板挟みの様な状態の中でも主人公は少しずつ朝鮮高校のメンバーと仲良くなる。以下割愛。

上に書いたのは主人公のストーリー軸のみだけれど、実は他のメンバーにもサブストーリーみたいなのがいっぱいあって、複雑に絡み合いながら展開して行きます。まぁ、見事なわけです。始めて井筒監督の作品を見ましたが、意外と上手いなぁ、と思わされました
。なんか、井筒監督って、「サルでも分かる映画なんちゃら」みたいな本書いてみたり、バラエティーで、オレすげーよ的な発言をしたり、偉そーだな、と思ってたけど、実力派なんだなぁ、と思いました。

しかし!この映画は好きにはなれません。どんなに偉大でも演出とかが不自然だと私は冷めてしまうのです。何て言うか、この人の映画の演技は言葉では言い表せないわざとらしさがあるのです。そのわざとらしさ、ってのは、おそらく、演技する人に見る人を意識させているのではないかと思うのです。見る人を意識させるっていうのは、端的に言うと分かりやすく、大げさに演技させる事です。そう言う映画はだいたい嫌いですね。
そして、カット割にあんまりこだわってない感じが嫌いです。分かればいい、それはそうなんですが、やっぱり美しいカットは人の心に響くと信じています。

しかし、テーマは現代日本人の盲点である、過去に自分たちの先祖が犯した罪、みたいなものにあてられていて、何かを伝える映画、という意味でいいなぁ、と思いました。
スポンサーサイト
2006.05.15[Mon] Post 11:14  CO:2  TB:0  映像  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

別にこの映画の俳優の演技をわざとらしいとは思わないけど?
ちゃんと関西人や朝鮮人に見えてたたし、とにかくみんな生き生きとして
輝いてた。井筒は役者を育てる才能には長けてると思う。(言動はアレだけど)
2006.05.16[Tue]  投稿者:ROU  編集  Top▲

演技臭いって言うと、確かに語弊があるかもしれません、、
まぁ、なんていうか、私の場合、単に井筒テイストが好きになれないだけだと思います、、
何て言うか、ドラマっぽい演技が好きにはなれないと思うんですよね、、
2006.05.16[Tue]  投稿者:fuji-  編集  Top▲

TRACKBACK

パッチギ のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/147-fb46a904
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。