ピマ人が結構本気で書くブログ

誰に見せるつもりもないけど、誰かに見られたいという矛盾したブログ。ほぼ日更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/142-a9ca1097
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

時計仕掛けのオレンジと戸塚ヨットスクール

世間を騒がせている戸塚ヨットスクールの校長の出所。

事故か殺人かは知らないが、戸塚校長の方針の中で人が死んでしまったならそれは確実に悪である。

それはそれとして次の事を考えたい。
「彼の教育方針は正しいのか」

「時計仕掛けのオレンジ」と言う映画がある。
この映画が提起してる問題はおそらくこの事件が抱えている問題と同じだと思う。

*
時計仕掛けのオレンジのストーリーはこうである。

どうしようもない不良少年達が極悪非道を働いている。レイプ、殺人、強盗、ほんと何でもやっている。しかしある日、一番あくどいリーダーがつかまってしまう。リーダーは早くシャバに出たいため、刑務所では模範的な態度をとる。それを看守が見ていて、彼に次の提案をする。「君は態度がいいから、特別な措置を取って、外に出してやる。その代わり厳しい教育があるのだが、君はどうするかな?」もちろんイエスである。早く外に出れるなら教育でも何でも受けてやるさ、ということだ。
しかし、教育は想像を絶する内容だった。強制的に目を開かせ、世にも恐ろしい暴力映像を圧倒的長時間に渡って見せると言うものだった。結果、好きなものを食べ過ぎて下痢を起こし、好きなものが嫌いになってしまうように、彼は大好きだった暴力行為に拒絶反応を示すようになる。彼は「矯正」されたのだ。この後、暴力行為を行えない彼に様々な不幸が起こる。今まで苦しめてきた人たちから暴力行為を行えない事をいい事に様々な復習を受ける。因果応報というやつである。結果彼は精神分裂気味になり、それを見かねた精神学者がもう一度もとの彼に戻し、再び暴力行為に目覚める、というような内容である。

長い文章だけれど感じていただけただろうか。ようするに
「矯正して普通の人間になれたとして、それは正しいのか」
という事だと私は捉えている。

人間の本来もっている「怠惰」とかそういうものを矯正して、社会的にまともになって、人間の本来もっているものを否定して、それは正しいのか。それが「教育」なのか。

北朝鮮では、北朝鮮が考える「良さ」に人間をはめるため洗脳まがいのことを行っている。日本ではやる気ある若者を育てる為、戸塚ヨットスクールで「教育」を行っている。ように見える。実態は知らないけどね
スポンサーサイト
2006.05.03[Wed] Post 18:34  CO:0  TB:0  思い  Top▲

COMMENT

NAME

SUBJECT

BLOG/HP

PASSWORD

COMMENT

SECRET: ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 

SUBMIT: 送信 

TRACKBACK

時計仕掛けのオレンジと戸塚ヨットスクール のトラックバックアドレス
http://atomic104.blog21.fc2.com/tb.php/142-a9ca1097
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。